Tokyo Trans March November 20, 2021

Tokyo is to host its first Trans March on November 20, to commemorate  International Transgender Day of Rememberance.

TDOR has been observed on November 20 since 1999 in order to draw attention to the violence, physical and otherwise, that transgender people around the world have to endure. In 2010, over 180 cities in over 20 countries commemorated this day. 

The then President elect Joe Biden recognized this day in 2020 and called transphobic violence intolerable.   

In Japan, while physical violence is rare, continues to be the target of online hatred and real world discrimination. 

Unlike many other Western nations, Japanese transgender people are still obliged to undergo sex reassignment surgery before they can officially change their gender markers on official legal documents. They also can not be married, have children or be under 22 years of age. 

The Tokyo Trans March starts by the Water Plaza in Shinjuku Central Park, the same location where the first Tokyo Pride Parade kicked off in 1994. 

For more info click here. (Japanese only) 

See here for more Pride Events. 

東京では、11月20日の「国際トランスジェンダー追悼の日」を記念して、初のトランス・マーチを開催します。

この日は、世界中のトランスジェンダーの人々が耐えなければならない身体やその他の暴力に注意を喚起するために、1999年から11月20日に毎年制定されています。2010年には、20カ国以上、180都市以上でこの日を記念しました。 

2020年には、ジョー・バイデン大統領がこの日を認識し、トランスフォビックな暴力は耐え難いものであると訴えました。   

日本では、身体的な暴力はまれですが、ネット上の憎悪や現実世界の差別の対象となり続けています。

日本のトランスジェンダーの方々は、他の欧米諸国とは異なり、性別適合手術を受けてからでないと、公的な法律文書に性別を記載を変えることができません。また、結婚されていないこと、出産されていないことや子持ちでないこと、22歳以下の年齢制限があります。  

東京トランスマーチは、1994年に最初の東京プライドパレードがスタートした場所である、新宿中央公園の水の広場からスタートします。 

詳細はこちらをご覧ください。 

その他のプライドイベントについてはこちらをご覧ください。