Josh Cavallo's Twitter Feed

Full transcription of Autralian Football player Josh Cavallo’s moving coming out video

オーストラリアのサッカー選手、Josh Cavalloの感動的なカミングアウトビデオを完全に書き起こしました。

“I don’t know,…I think I don’t know what to say. Phoof .. Hi, everyone, it’s Josh Cavallo here. I’m at my home here in Adelaide. There’s something personal that I need to share with everyone. I’m a footballer and I’m gay. Growing up, I always felt the need to hide myself, you know, because I was ashamed. And ashamed I’ll never be able to do what I love and be gay. You know, hiding who I truly am to pursue a dream I always wished for as a kid. All I want to do is play football and be treated equally. I’m tired trying to perform at the best of your ability and to live this double life. It’s exhausting. It’s something that I don’t want anyone to experience. I thought that people would think of me differently when they found out. They would start treating me differently. They would start saying bad things about me or making fun out of me. That’s not the case. If anything, you earn more respect from people. Coming out to my loved ones, my peers, my friends, my teammates, my coaches has been incredible. The response and support I have received is immense. It starting to make me think that why have I been hiding this burden for so long? I want to inspire and show people that it’s okay to be yourself and play football. It’s okay to be gay and to play football. You know, I want to show all the other people that are struggling and that are scared. You know, whoever it may be that; don’t act like someone you’re not, be yourself. You’re meant to be yourself, not someone else. Through my coming out, I’m excited to open up, to show everyone that Josh Cavallo, to show the true Josh Cavallo. I’m Josh Cavallo. I’m a footballer and I’m proud to be gay.”

“えーと、なんって言えばいいのかな?(溜息) … みなさん、こんにちは、ジョシュ・カヴァロです。私はここアデレードの自宅にいます。皆さんにお伝えしたい、個人的なことがあります。 僕はサッカー選手で、ゲイです。子供の頃は自分を隠さなければならないと思っていた。恥ずかしかったからね。ゲイであるから自分の好きなことができないのが恥ずかしかった。本当の自分を隠して、子供の頃にずっと願っていた夢を追い求めていきたんだよ。僕がやりたいのは、フットボールをして、平等に扱われること。最高のパフォーマンスをしようとして、この二重生活を送るのはいまは疲れました。本当に苦痛です。誰にも経験してほしくないことです。私は、このことを知ったら、人々は私のことを違った風に考えるだろうと思っていました。扱いが変わってしまうのではないか。悪口を言われたり、からかわれたりするのではないかと思っていました。しかし、そうではありませんでした。むしろ、人々から尊敬されるようになります。愛する人、仲間、友人、チームメイト、コーチにカミングアウトしたことは、信じられないほど素晴らしいことでした。私が受けた反応とサポートは計り知れないものでした。私はなぜこの重荷をずっと隠していたのだろうと考え始めました。私は、自分らしくサッカーをしてもいいんだということを人々に伝えたいと思っています。ゲイであっても、サッカーをしていてもいいんだ。そして、悩んでいる人、怖がっている人たちにも伝えたいです。自分ではない誰かのように振る舞うのではなく、自分自身であることを。あなたは他の誰かではなく、あなた自身であるべきなのです。カミングアウトすることで、私は心を開き、そのジョシュ・カヴァロ、本当のジョシュ・カヴァロを皆さんにお見せできることが最高の喜びです。僕はジョシュ・カヴァロです。僕はサッカー選手であり、ゲイであることを誇りに思っています」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *