Damn my luck. What did I get myself into now?

I know I squeezed through the opening in the window last night, looking for somewhere safe. But this place is barren and eerie. The morning light floods in slow and drab increments of time. The smells are pungent and unnatural. I can hear loud noises reverberating in the distance.

This can’t be a good. I sense my luck may have run out.

Suddenly a blinding light is turned on. A cacophony of bangs and thuds shake me from my perch where I had hoped to rest while I thought things through.

I spy the intruder, large and noisy before it could see me. I stand frozen with fear and as still as possible. It must have noted something was amiss from the corner of its eyes as it jerked suddenly. Sensing danger, I run to take refuge in a nook near the window behind some greenery.

I hope my cover is perfect, but the interloper brushes it aside, leaving me exposed. The lights sting with brightness and I can only see a shadow of the enemy as it looms above me.

It squeals something. Then moves the plant back to its original place, hiding me once again.

A door shuts close and the lights go out once more.

I listen for the return of the leviathan but its heavy footsteps move away. I stand there for hours wondering whether I should venture out again. Primal fear is a powerful motivator to stay in the crook, crouched and crookedly contorting one’s body in the hope of appearing so small one is no longer visible.

Eventually the fear subsides. The sounds are now too far away and the room remains in a twilight darkness illuminated only by the muted light from the small window where I had come through earlier.

I need to get out. This place is damned. If I had known this was the den of some fearful monster I would not have sought shelter here.

From afar, boom echoes of more footsteps on wooden floors. Voices, loud and thunderous. They seem to be heading this way.

I slink back behind the plant and into the cranny. The cavernous room goes blinding bright again. Their voices frighteningly close, I can hear them breathing.

Once again the intruders move the plant aside to reveal my hiding place. I can hear a coo from one of them.

And then a shriek from another. Piercing and reverberating. My heart must have stopped for a millisecond in terror. This is it. I can not stay here in this banshee’s lair.

I run out of my hiding place and climb up the window.

Another howl echoes, then lashes and bounces across the room. I can see a large hand reaching out for me, just as I crawl through the slit that got me in here the first time.

Safely out of their reach, I hope, I breath a sigh of relief. It is more dangerous out in the open, but at least I don’t have to deal with those hideous demons.

How could I have been so unlucky to have walked into that wretched place.

I thank my stars for letting me get out of there alive. I can hear them brawling. I can’t understand what they are saying, but I don’t care.

——

If I did care and understand, I would have heard them say:

“You scared it away with your screaming.”

“But why did you let it in the house in the first place? It’s gross”

“Stop being such a scaredy pants. I didn’t let it in the house. It must have come through the window here in the toilets. Besides, gecko’s are good luck and protector spirits. I think they’re super cute too.”

“Good riddance, I’d say.”

くっそー、運が悪いぃな。俺は一体何をしてしまったのだろう。

昨夜、安全な場所を求めて窓の隙間から侵入したのは覚えている。しかし、なんて不毛で不気味な場所なんだろう。朝の光は、ぐったりとした時間の流れの中で差し込む。においは刺激的で不自然だ。遠くで大きな音が反響しているのが聞こえる。

これは良いことではない。運が尽きたのかもしれない。

突然、まばゆいばかりの光が差し込んできた。作戦立て直そうとしょうとしてゆうっくり考えようと思っていた瞬間、激しい振動と、不協和音。

発見される前に俺は巨大で煩い侵入者を見つけた。しかし、俺は恐怖で立ちすくみ、可能な限りじっとしていた。目の端で何かを見たのか、反動で急に引いてきた。危険を察知した俺は、窓際の緑の後ろにある部屋に逃げ込んだ。

完璧な隠れ蓑であればいいのだが、邪魔者はそれを払いのけ、俺を無防備にしやがった。照明の明るさが身にしみる中、頭上に迫る敵の影が見えるだけだ。

敵は何かを叫んだ。そして、大きいな植物を元の場所に戻し、再び俺を隠した。

扉が閉まり、再び照明が消えた。

リバイアサンが戻ってくるのではないかと耳を澄ますが、その重い足音は遠ざかっていく。何時間もその場に立ち尽くし、再び外に出るべきかどうかを考えた。原始的な恐怖は、自分が小さくなって見えなくなることを期待して、体をくの字で曲がりくねった姿勢をとり、隠れ場所に留まるための強力な動機となる。

やがて恐怖心は収まる。音は遠のき、部屋の中は先ほどの小窓からの淡い光だけで照らされた薄明かりの闇のままだ。

外に出よう。この場所は呪われている。ここが恐ろしい怪物の巣窟だと知っていたら、ここに身を寄せることはなかっただろう。

遠くから、木の床を踏む足音がドーンと響いてくる。声、大声、雷鳴。どうやらまたここに向かっているようだ。

俺は再び植物の後ろに回り込み、隙間に隠れた。洞窟のような部屋が再び眩しく明るくなる。今度は二人。彼らの声は恐ろしく近く、息遣いも聞こえる。

侵入者は再び植物をどけて私の隠れ場所を示した。一人が「うー」と大きいな声を上げた。

そして、もう一人からは悲鳴。突き刺さるような、反響するような。心臓は恐怖で一瞬止まったに違いない。しまった!ここはバンシーの巣窟に違いない。

俺は隠れていた場所を飛び出し、窓を必死に登った。

別の遠吠えが部屋中響き渡り、反響で跳ね返ってくる。俺が最初に入ったときのスリットを通って、大きな手が伸びてくるのが見えます。

無事に出て、手が届かないことを願って、安堵のため息をつく。外に出ればもっと危険だが、少なくともあの恐ろしい怪物とは関わらなくて済むのだ。

どうして私は、あんな惨めな場所に足を踏み入れてしまったのだろう。

生きて帰れたことを、星に感謝する。喧嘩をしている声が聞こえる。何を言っているのかわからないが、気にしないことにしよう。

——

もし俺が気にして、また理解していたら、彼らのがここように言っているのを聞いていたでしょう。

「お前は叫んだから逃げたんじゃないか!」

「そもそもなぜ家の中に入れたの?気持ち悪い」。

「そんなに怖いの?ビビり屋だな、お前は。とにかく、家の中に入れていない。トイレの窓から勝手に入ってきたんだよ。それに、ヤモリは幸運と守護の精霊だよ。超かわいいじゃないか。」

「”いい厄介払いよ、僕には」

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *